キャリアアップの機会

ジャスミン・ベラルディのヘルムでのキャリアは営業分野での職業訓練から始まり、現在は農薬事業の部門長を務めています。職業上のキャリアを積む中で、彼女は理論的、実用的知識を深める努力を続けてきました。

人材育成におけるヘルムのモットーは「促進とチャレンジ」です。このモットーを日々実践している好例がジャスミンです。「入社当時から学びに貪欲で、若い女性であってもヘルムで自分の視野を広げる多くに機会に恵まれました。」と現在は部門長を務めるジャスミンは語ります。

彼女は対外貿易担当者として職業訓練を始めた当初から早くも重要な責任を与えられていました。最初の職責は文書処理でした。「職業訓練学校で実際に学ぶよりもずっと早く、初めての実地経験を踏むことができました。」と彼女は振り返ります。

その後すぐに大学で学ぶ決心をしました。当時、ノルトアカデミーとの連携は確立されていませんでしたが、学生アシスタントワーカーとしてヘルムと繋がることはできると考えました。「しかし幸運にも、タイミングよく、二重教育課程を履修することで実地研修と大学教育を同時に行う機会に恵まれました。こうして実地と理論の学期を交互に履修し、ヘルムで働きながら同時に経営管理を学ぶことができました。」

この期間に彼女は医薬分野で企画業務にさらに精通するようになりました。「例えば、バングラディシュの厚生省の公募入札に参加し、入札を勝ち取りました。」と彼女は誇らしげに話します。さらに、ヘルムの貿易部門に対する見識が深まり、彼女の現在の活動分野に繋がりました。「私はすぐにこの分野が好きになりました。」

ハンブルグ本社以外での業務は彼女の職業的キャリアに非常に有益であったとジャスミンは考えています。実際、「Thinking out of the box(既成概念にとらわれずに物事を考える)」という良く知られる言葉が特に彼女の考え方を表しています。数か月間にわたってライプツィヒにあるドイツ営業オフィスへの支援を行い、トルコのポリエチレンテレフタレート産業の詳細なマーケット分析を行うためにイスタンブールに半年滞在しました。イスタンブールでの経験は学位取得の論文にも書かれています。「興味深くかつ責任のある仕事を常に担当しています。」と、才能あふれる若いリーダーは語ります。

ヘルムでは新しいキャリアの可能性が常に彼女の前に現れます。28歳でついに農薬事業部門の部門長に任命されました。「ヘルムでは柔軟性と献身的に取り組む姿勢が必ず評価されます。」「さらに自分の可能性が認められ、支援も得られると常に感じています。」と言葉を結びました。

「ヘルムでは柔軟性と献身的に取り組む姿勢が必ず評価されます。」