安定した仕事

香港からハンブルグへ。ジャスミン・ローは推薦を受けてヘルムAGで働くことになりました。彼女の姉妹がヘルムで長年働いており、ヘルムの良さを彼女に語っていたのです。ジャスミンがヘルム経営者を最も評価している点は一貫性のレベルです。

どのような経営者が最も自分に合うのだろうか?この問いは新しい仕事を探す時に多くの人が自問する疑問です。ジャスミンもまた、2010年にドイツに戻りたいと考えたときに抱いた問いでした。彼女は香港の運送業者で7年勤務した経験がありました。生まれは香港ですが、ずっと以前に生活し学校に通っていたハンブルグに戻りたいという思いが当時強くなっていました。

ハンブルグに移り住む前に抱いていた確かな思い、それはグローバルな環境で物流業界に携わり続けたいということでした。さらに、安定した仕事にも非常に興味がありました。「また、長期的な視点で職業的キャリアを積む機会として、定時勤務という働き方が私には同じく重要です。」そして、ハンブルグに拠点を置く化学品マーケティング企業であるヘルムと出会ったのです。

「ヘルムは化学品マーケット業界の恒星であり、100年以上の歴史と豊かな伝統を持つ企業です。」と、研修を受けて運送業務に携わっているジャスミンは語ります。「ヘルムが経営するレストランで非常に手ごろな価格でランチが食べられることから幼稚園のことまで、姉妹から当社の様々な充実した福利厚生の話を聞いていました。子供を持つ母親としては、幼稚園の存在は非常に重要でした。」

彼女の一次面接は香港で行われましたが、これはヘルムにとって異例の事でした。「ヘルムは香港にも拠点を構えているため、香港で一次面接が行われました。」常用雇用契約を結んだジャスミンはその後すぐにハンブルグでの生活をスタートすることができました。

それ以来デリバティブ事業部門で、海外のサプライヤーに関係する輸送処理や決済業務を行っています。「受注状況は良好でチームの体制も整っており、職業人としての将来の見通しを楽観的に捉えています。」

ジャスミンが考えるヘルムの他のプラス面は、同僚が非常に長くヘルムで働いていることです。「何十年もここで働いている同僚がいます。長く働ける、それがヘルムなのです。」と物流のスペシャリストは語ります。

「チームの体制は整っており、職業人としての将来の見通しを楽観的に捉えています。」