職業訓練

アンドレアス・ライザーは同僚に新しい情報テクノロジーを理解してもらうために世界中を飛び回っています。経験豊富なITエキスパートであるアンドレアスがヘルムでの仕事で高く評価している点は、あらゆるレベルで日々経験を積めることです。多くの社内エキスパートの一人として、彼も自身の知識を同僚に伝えています。

ヘルムAGのIT研修室にある複数のノートパソコンが使用中で部屋は非常に静か―今後が期待されます。部屋の前方の壁には近代的な黒板のような大型モニターが掛けられ、商品管理システム(MMS)の入力マスクが映し出されています。1988年からヘルムAGのITエキスパートとして働く彼は、ヘルムで本領を発揮し続けています。当時のプログラム導入に尽力し、今では同僚に対してプログラムの機能や必要性を説明しています。

「私の主な任務は複雑な事実やデータをできる限りシンプルにし、あらゆる事柄がいかに実践で機能するかを示すことです。」とアンドレアスは説明します。日常的な業務に伴う特定の仕事を用いて、彼が職場で直接トレーニング・セッションを実施した例もありました。

「大切なことは、使う人の言葉で話すということです。」とアンドレアスは言います。「パワーポイントのプレゼンテーションが非常に美しい出来であったとしても、それに含まれる情報が人の記憶に残らないとしたら全く意味がありません。」こうした理由で、聞き手を本当に巻き込み、様々なタイプの学習者に個別で指導を行うことを最優先にしています。

ヘルムAGでは上司や人事部との年次人事考課の会議の中で個別研修の必要性を決定します。 従業員の個人的、機能的能力を高めるため、オンザジョブ・トレーニングからチームビルディング対策、言語コースやその他の先進的な研修施設まで幅広く利用することができます。

「大切なことは、使う人の言葉で話すということです。」